×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

-----

簡単ダイエットエクササイズ

このサイトでは、簡単なエクササイズで食べる量を減らすことなく
健康的にかつ美しく体重を減らす事の出来るダイエット方法について説明しています。

-----

健康的に痩せるとはどういうことなのか?一番最初に知っておかなければならないこと

簡単ダイエットエクササイズによって最終的に目指すべき姿とは何なのか?
それは、健康的にスリムで美しくかつ、
たくさん食べても(=過剰なカロリーを摂取しても)太りにくい理想的な肉体を手に入れることです。
その為にまず一番最初に知っておかなければならない知識があります。
それは、人がその生命を維持する為にエネルギーを消費するときには代謝というものが行われますが、
その代謝には大きく分けて『活動代謝』『基礎代謝』の2つに分かれるという事です。
太りにくい=代謝量が多い→代謝量を増やす=理想的な肉体に近づく
・・・という考え方をまず根本に置くことが大事だという事です。
ただ、その比率は個人差はあるにしても、概ね活動代謝3に対して基礎代謝7
基礎代謝が代謝全体に占める割合が多いという事です。
活動代謝とは読んで字の通り、『活動すること』によって消費されるエネルギーであり、
基礎代謝とはその生命が維持される為に『ただ生きているというだけ』で日々消費されるエネルギーの事を言います。

『有酸素運動』を基にしたダイエット方法は痩せるのに効果的?

『有酸素運動』とは、ジョギングやウォーキングなどの事で
活動代謝によって、直接脂肪を燃焼させる運動の事を総称して『有酸素運動』と呼称します。
巷ではよく、ダイエットに効果的などと言われる事が多いようですが、
その効果は

”労多くして甚だ少ない”

・・・の一言に尽きるのではないかと思われます。
それは一時間のウォーキングで消費されるカロリーは、個人差や歩く速度にもよりますが、
概ね280kcal程度。
これはアメリカンドック1個分かそれにも満たない消費量です。
ほぼ毎日頑張って一ヵ月続けても1kg痩せられるかどうかと言ったところでしょうか・・・。
効果は決して否定致しません。
やるやらないも本人の自由です。(但し継続するには強い意志が必要なのは言うまでもありませんが・・・)
一生懸命頑張って代謝全体の3割程度にしか満たない
活動代謝に主眼を置いてエネルギーを消費させるダイエット方法の一つですが、
私個人としてはお勧めは致しません。
(効果が薄くてもどうしてもやる!と言うのであれば止めはしませんが・・・(汗))

食事を制限するダイエット方法は痩せるのに効果的?

有酸素運動でエネルギーを消費するのには膨大な労力や時間、そして継続し続ける強い意志が必要なのは分かった。
そんなの仕事で忙しくて無理なのだからもっと簡単に手っ取り早く、
摂取するエネルギーの方を制限すれば消費するエネルギーが以前と同じでも痩せられるのではないか?
・・・こう言った考えを基に、ダイエットサプリ等を食事の代わりに摂り始めたり、
思い切ってインドの修行僧みたいに『断食』を始めたり・・・。(爆)

----------

・・・さて、このような食事を制限するダイエット方法を続けると人体に一体どのような変化が見られるのでしょうか?
そしてそういった類のいわゆる
安易に食事を制限するだけのダイエット方法が果たして効果的なダイエット方法と言えるのでしょうか?

----------

通常、人体は摂取されるエネルギー(=食べる量)が、消費されるエネルギー(=活動代謝+基礎代謝)よりも下回る
いわゆる家計簿で言うところの『赤字』みたいな状態に陥ると
「筋肉を分解してエネルギーに変えなきゃ!!」
・・・と、考えます。
収入が減って足りない分の支出を家の中の貴重品を売ってお金に変えなきゃ!!
・・・みたいな状態に例えることができるのではないかと思われます。
ここで激しく理想的でないのは

主に分解されるのは筋肉であって脂肪ではないと言う事です。

脂肪も少しは分解されるようですが、筋肉の方が圧倒的に多く分解され消えていきます・・・。
さて、しばらく食事を制限した生活(=体内エネルギーが赤字な生活)を続け、筋肉が十分に消えた後に
体重計に乗ってみましょう。確かに体重は減っています。そりゃそうですね。
筋肉が分解されて消えてなくなっている分、体重が減るのは当然です。
体内に占める筋肉の量とはほぼイコール基礎代謝量に直結します。
筋肉が消えるという事は、後で詳しく説明するかも知れませんが、
基礎代謝量がその分減少すると言う事(=太りやすい体になると言う事)です。
・・・さて、ここで体重が(不健康ながらも)減ったと言う事実に満足して食事内容を元に戻すとしましょう。
一体どうなるでしょうか?・・・と言うより、言うまでもありませんよね?
食事を制限する前よりも脂肪によってぶくぶくに不健康に太るという現実に直面するという事です。
いわゆるリバウンドというやつです。
人体は通常、摂取されすぎたエネルギーは筋肉ではなく脂肪として体内に蓄積しようとします。

----------

一時的にとは言え不健康ながらも体重を減らしたい!そしてその後の事はどうなっても知らん!!
・・・そんな偏った考え方の人には向いているダイエット方法かも知れませんが、
私個人としては言うまでもなくお勧めは致しません。

正しいダイエット方法で健康的に痩せる為に必要不可欠なキーワード『基礎代謝』

『基礎代謝』とは生命を維持する為に必要なエネルギー量の事です。
特に何もしなくても「生きる」ということを維持するためには
たとえ寝ている間でも心臓を動かし続けなければならず、呼吸も続けなければなりません。
そういった「生きる事を維持する」のに必要なエネルギーを総称して『基礎代謝』を呼び、
その生きる為に維持するのに必要なエネルギー(=基礎代謝)は、
消費されるエネルギー全体の中で実に約70%を占めると言われています。
その中で大きなウエイトを占めるのが『筋肉』です。
通常、基礎代謝量全体の6割以上がその筋肉を維持する為だけに消費されていきます。
・・・さて、ここで勘の良い方ならば
私の提唱する健康的に痩せる為に一番良い方法がどんなものか容易に想像がつくのではないかと思われます。
それはつまり・・・

----------

筋肉をつける!
----------

簡単に言ってしまえばこの一言に尽きます。
そして、簡単ダイエットエクササイズでは効果的に筋肉をつける方法について語ります。
但し、筋肉は一朝一夕にすぐにつくものではなく、
また、間違ったダイエット方法では健康的に痩せることは絶対にできないのと同じ理由で、
間違ったエクササイズ内容では絶対に筋肉はつきません。
逆に体を痛めてしまうような悲惨な結果を招くことさえあります。

正しく効果的に筋肉をつける簡単ダイエットエクササイズとは?

体脂肪を正しく燃焼させエネルギーに還元しやすくかつ、
健康的で太りにくい理想的な肉体作りをする!それがこれから説明する
簡単ダイエットエクササイズです。
健康的でかつ、理想的な肉体を得る!
これこそが理想的に痩せるという事と言えるのではないでしょうか?
そもそも筋肉とはどういう時に作られるのでしょうか?
それは『筋肉をつけざるを得ない状態に体が追い込まれた時』にです。
その筋肉をつけざるを得ない状態を意図的に作り出すのがここで言う簡単ダイエットエクササイズなのですが、
その内容は単に体に負荷(=エクササイズ)を与えるだけでなく、
正しい食事と十分な休養とが合わさって初めて効果を発揮します。
簡単に言うと、
理想的な食事を体に与える→身体に負荷を与える(エクササイズ)
→身体が負荷に耐えようと摂取した理想的な食事を基に負荷に耐えうる筋肉をつけようとする。
→その為に十分な休養(=時間)を体に与える。→負荷によって破壊された筋肉が破壊される前以上に筋肉量が回復する
(=基礎代謝量が負荷を与えられる前よりも増える=代謝(=消費量)の大きい太りにくい健康的な肉体が出来上がる)
→以降繰り返し・・・。
この一連の流れを繰り返す事が即ち『簡単ダイエットエクササイズ』となるわけなのですが、
この時に与える『負荷』とは、通常ではあり得ない重度でなくては全く意味がありません。
最低でも15秒間、自分が持てるギリギリの重さのダンベルを持つなど
瞬間的にとは言え、圧倒的に大きな負荷を肉体に与えなければ全くエクササイズとして意味をなさないのです。
また回復不能なまでに肉体に負荷を与えるのも良くありません。(※これをオーバーワークと言います)
一回のエクササイズではどんなに長くても45分までにとどめます。
そして、少なくともエクササイズとエクササイズの間には、
72時間(=丸3日間)の休養(=回復時間)を体に与えなければなりません。
十分な回復がなされていないまま、また新しい負荷を与えるのは逆効果です。
慣れていないうちはエクササイズ(最長45分)は一週間に一度とした方がより効果的です。

----------

より詳しく、具体的なエクササイズ内容について以降日を追ってリンクを追加する予定です。
閲覧者数が多くなった頃を予定しておりますので、
よろしければ、このサイトのリンクを可能な限り張って、正しいダイエット方法と間違ったダイエット方法について
より多くの人にこのサイトの内容を広めて頂ければと思っております。
(※リンクフリーです。むしろどんどんリンクを張って宣伝してくださった方が嬉しいです。)
逆に、誰も(もしくは殆ど)閲覧者が来ないようならば放置か閉鎖を予定しております。
最後に勝手な事ばかり書いてしまって恐縮ですが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
このサイトに訪問して下さったすべての方が、
正しくダイエットについて理解し、行動し、そしてより良い結果を得てくださります様、心より願っております。

-

●今話題のキトサンダイエットとは?

当サイトはリンクフリーです。
当サイトの内容を無断で複製・転載することはご遠慮願います。
copyright (c) azu2_ All right reserved.
被リンク詐欺被害 返金 相談お小遣いサイト被リンクとは芸能,芸能ニュース,トレンド